スペインでスマホからインータネットに接続する方法

 

観光中にインターネット接続の必要性を感じたことはあまりないという人は、ホテルの部屋に戻った時にインターネットに接続できれば十分だと思います。それでも、自宅の留守中に、インターネットにずっと接続しなくても平気、という人は恐らくいないでしょう。誰もが外出先で真っ先に考えることは「インターネットに接続できるのか?サービスは有料?無料?」ということだと思います。ましてや初めてて出かける外国であれば、なおさら気になりますよね。帰国のフライトのオンラインチェックインサービスだってやはり利用したいでしょう。

スペインで日本から持参したスマホやコンピューターなどからネットに接続するには以下の方法が考えられます。

  • フリーWI-FIの利用
  • モバイルのWI-FIを利用
  • 契約している通信キャリアの電話回線を利用する海外定額プランを利用
  • SIMカードを購入・利用

 

ご自身がスペインでどれだけネット接続を必要とするのか、利用する予定なのかを考えた上で、自分にあった方法を決められてください。

 

高額な通信料を請求されないために

 

一昔、携帯電話のサービスの範囲、契約サービスの詳細を知らずにいたために、スペイン/ポルトガル、スペイン/フランス国境地帯に暮らす人たちが「えらい迷惑」をこうむった!と言うのを何度も耳にしたことがあります。これは国際ローミングサービスが「負」になってしまった例ですが、知らない間に、ポルトガルの電波を受信・使用してしまっていて高額の請求をされた、ということなんですね。今では欧州内では、欧州の各通信会社の努力でこういったトラブルはなくなりましたが、なくなったのは欧州の通信会社と契約をしている携帯電話に限りますので、日本から持ってきている携帯電話はきちんとローミング対策をしておく必要があります。

国際ローミングサービス(一国の携帯電話会社が他国の通信会社と提携することにより、国外にいても自国内と同じように携帯電話が使えるサービスのこと)の罠に陥ってしまわないために、出国時に次のことをしておきましょう。

  • 「モバイルデータ通信」をオフにしておく
  • 「アプリの自動更新」をオフにしておく
  • 利用しているクラウドサービスがあれば、「WI-FIと接続したときのみ同期」と設定しておく

 

 

日本のモバイルデータ通信サービスを利用する予定がある方へ

 

ご自身の契約している通信会社の海外で利用する「定額パック」を利用する方法があります。ルーターのレンタル準備やSIMカードを購入する手間も必要もないので、旅行の出発までにあまり時間を取れない人にはよいですが、価格が比較的高く、かつ使用できるデータ量もあまり大きくないので多少の不安が残ります。

各社定額パックを用意していますが、事前に申し込みが必要となるサービスもるので早めにご確認ください。

 

 

スペインの無料WI-FIサービスの現状と接続スポット

 

どれくらいスペインで無料WI-FIサービスを期待できるのでしょう?以下具体的に無料wi-fi接続サービスを提供している場所を挙げておきます。

 

ホテル

スペインのホテルやレストランでも「無料WI-FI」サービスが充実してきました。Booking.comのように一般的なホテル予約サイト上でも、お探しのホテルにWI-FIの有無をチェック項目に入れて絞込み検索することができます。またほとんどのホテルでは、チェックインの時にWI-FIのパスワードを教えてくれますのでご安心を。

 

RENFE/AVE

RENFEのAVEにもWI-FIサービスがありますが、現状ではアンダルシア-マドリード線のPreferenteクラスと「Renfe+plus」というフリークエントユーザープログラムに登録している乗客のみとなります。ビジネス客が多用するマドリード-バルセロナ線ですらまだサービスの導入が追いついていません。

ニュースでは2019年中には全AVE路線で無料WI-FIサービスが提供できるようになる、ということですが、今現在は景色を楽しみつつ、気長に待つしかないようです。

 

長距離バス

長距離バスサービスを提供する大手ALSAというバス会社のバスには、利用者の多い路線、または他社との競合のある路線などには概ね無料WI-FIが付いています。バスの運転手の座席周辺にパスワードが貼られていたりするので、乗車時に確認してみてください。ただし、高速道路を移動している中での使用です。接続状態は常に良好ではないという前提でご利用ください。

ALSA社の公式ホームページとWIFI接続方法はこちらから確認できます。

 

スペイン国内線飛行機

イベリア航空国内線では機種がAirbus A330-200,A350ではハイスピードWI-FI完備。Airbus  A340-600 ,A300-300ではメールやメッセージを確認・送信するぐらいのレベルでデーター通信が可能です。

ブエリング(イベリア航空グループ)は2019年から無料WI-FIサービスが導入される予定と発表されています。

 

スペイン国内の空港

概ねスペイン全国主要都市の空港では無料Wifiが利用できます。

マドリード バラハス空港 -T4内は何処でも接続可能。T1/T2では接続可能なポイントが指定されています。
バルセロナ エル・プラット空港- T1内は何処でも接続可能。T2は接続可能なポイントが指定されています。
マラガ コスタ・デル・ソル空港- 全域で無料接続が可能。
グラナダ フェデリコ・ガルシア・ロルカ空港 - 全域で無料接続が可能。

 

マドリード市内

驚くほどに町の中に無料WI-FIサービスが溢れています。以下、無料WI-FIサービスが利用できる場所の例を挙げておきます。

  • 王立・国立美術館内指定場所やcafe、レストラン(プラド美術館、レイナソフィア美術館含む)
  • 大型ショッピングセンター内
  • 国立図書館、公共文化センター内
  • マドリードの場合は、マヨール広場、マドリード・リオ、カジャオ広場、サント・ドミンゴ広場、レティロ公園など、観光客も多く訪れる広場
  • マドリードの市内循環路線バス内(EMT)

 

バルセロナ市内

バルセロナ市役所が提供するBarcelona WiFiというサービスが無料で提供されています。マドリード同様かなりの広範囲で無料サービスが利用でき、2019年現在では600ポイント以上の場所で接続することが可能です。以下はその一例にすぎません。

  • Barcelonetaビーチや市内ビーチ
  • シウタデーラ公園内
  • 私立図書館
  • 国立カタルーニャ美術館はじめ国立・私立美術館内
  • 市役所内、公共文化センター内
  • サンタ・カタリーナ市場、サリア市場、レス・コルテス市場など
  • Port Vell(Maremagnum,Passeig de Colon)

 

Googleマップを利用して無料WI-FIの接続ポイントを探す方法

 

滞在先、滞在エリアにて無料のWIFIサービスがあるかどうかを、Googleマップを利用して検索することが可能です。

↓↓↓ Barcelona市内 「Free WIFI」というキーワードで検索した結果です ↓↓↓

 

Googleマップで調べたい町、エリアをまず表示させてから、検索の欄に「Free WIFI」と入力して検索するだけです。まだまだヒット数は現状に100%沿っているとは思えませんが、いざと言う時に役にたつかも知れません。

 

スペインの空港でWI-FIに接続する手順

 

  1. ご利用になる携帯電話ないしはほかの電子機器のWIFI接続セッティング画面からから「Airport_Free_Wifi_AENA」を探して選択
  2. 「freewifi.aena.es」をネット画面に入力
  3. Eメールアドレスを入力またはフェースブックかLinkedinのユーザーデーターを利用して登録
  4. 画面に従って必要事項を登録し、利用規約に同意したら使用可能です。

※この手順はスペイン国内の空港を管轄しているAENAのホームページを参照し、当社が日本語で案内をしています。

 

ちなみに、WI-FIはスペインでは「ウィーフィー」と読みます。かっこよく正しく「ワイファイ」と言っても理解してもらえない場所、人もあると思うので、ここではスペイン人のようにウィーフィーと発音してみてくださいね。

 

WI-FIを旅行中・移動中も常時利用したい場合

 

アプリをフル活用したい、重たいガイドブックなどを持ち歩く代わりにネットの情報を頼りに行動したいという方は、やはりWI-FIを現地でも常時利用できるようにするための準備は必須だと言えます。その場合に考えられる方法として、2種挙げておきます。

  • 一つは日本を出発する前WI-FI接続用のルーターをレンタルしてスペインに持って行く方法。
  • もう一つはスペインについてからSIMカードを購入して利用する方法。

 

日本でルーターをレンタルする方法

 

一人旅はもちろん、ルーターが一台あれば複数のスマホやパソコンに接続することが出来るので、特に二人以上で旅をする場合には最適の方法と言えます。

日本でルーターをレンタルするメリットは:

  • 1台で複数の端末に接続することが可能
  • 渡航先ですぐに使えるように設定された上で貸し出されるため、設定の仕方に頭を悩ませたり時間を費やしたりする必要がない
  • 申し込みはネットからも可能なので手配が簡単
  • 通信速度が十分である
  • 数社が競合してサービスを提供しているのでレンタル料金も割安

 

ただし、レンタルルーターをスペインへ持参する場合、ルーターは必ず手荷物に入れて運びましょう。飛行機の中では使わないからという理由でチェックインカウンターにて預けるスーツケース内に入れてしまうと、ルーターに内蔵されているリチウムイオン電池は国際民間航空機関で定める約款で「危険物」として指定されているため、経由空港地などで「一時没収」されてしまいます。一時没収というのは、指定の場所、時間内に本人が出頭して取りに行けば返してくれるという状態です。当然、本人が知らない間(経由地の空港で乗り継ぎをしている間)に、スーツケースを明けられてルーターを取り上げられ、スーツケースの中に「危険物一時預かり書」という紙が一枚入れられているということになります。

幸いにも帰路も同じ経由地で帰国する場合で、時間があれば引き取りに行くことが可能です。ですがそんな時間はないよというケースである場合、せっかくレンタル料を支払ってまで現地で利用しようと思っていたルーターは無いし、帰国後もレンタル会社との紛失手続き、弁償など面倒な手続きが増えて、せっかくの旅にけちが付いてしまいますね。

もう一度!レンタルルーターは手荷物に入れて機内に持ち込みましょう。

ネットで予約・レンタルしたルーターを空港で受け取るようにしておけば、受け取りカウンターは出国手続きを済ませた後にしか設置されていないのでスーツケースに入れ込んでしまうということにはなりませんので、覚えておくとよいでしょう。

 

 

スペインでSIMカードを購入する方法

 

SIMカードとは、現地の電話通信会社が販売しているプリペイド式のカードで、このカードを購入して持参した自分のスマホに挿入すれた、支払った金額・データー分だけの通信が可能になるというものです。ただし、現地のSIMカード利用ができるには、差し込むスマホが「SIMフリー」機種であるかどうかを事前に確認しておく必要があります。

SIMカードを購入するメリットは:

  • 利用金額は前払い(プリペイド)なので、使いすぎることがない
  • 現地の料金設定なので、特にスペインの場合は割安
  • 通信環境は良好
  • 長期滞在する方や、利用頻度の高い人にお奨めです。

 

 

スペインのSIMカードの種類

 

スペインには数社の電話通信会社があります。スペイン国内の大手4社から販売されているSIMプリペイドカードの主な種類をご紹介しておきます。ここでご案内する情報は2019年1月現在の情報です。個人旅行を計画されている皆様の、現地でSIMカードを購入するかしないかの判断材料としてご参照いただければと思っております。ただし、インターネットサービスのタリフ、サービス、料金はめまぐるしく変わります。各社の名前の上にカーソルを当ててクリックしていただくと、それぞれのオフィシャルページにアクセスできるようにしてあります。最新の情報は各自でご確認ください。

 

Vodafone(ボーダフォン)社 -「10GB+MapsPass included」

料金         :25€(税込み)
国際電話通話料    :1センティモ/1分~(+電話接続料30センティモ)
スペイン国内電話通話料:無料(+電話接続料30センティモ)
MapspASS App使用 :無制限
インターネット    :4GB
利用有効期間     :15日間

ORANGE社 - 「GO RUN」

他社と比較してみると現在Orange社が一番多い種類のカード(8,95€~)を提供しています。日本からの観光客の需要に一番適応していそうなカードを一種ピックアップしてみました。

料金         :14,95€(税込み)
スペイン国内電話通話料:40分まで無料(電話接続料金-込み)
:以降は6センティモ/1分~/電話接続料30センティモ)
インターネット    :2.5GB
利用有効期間     :1ヶ月
  

 

 

MOVISTAR社 - 「TARIFA PREPAGO#2」

料金         :15€(税込み)
国際電話通話料金   :1.21センティモ/1分~(電話接続料金-36.30センティモ)
スペイン国内電話通話料:無料(電話接続料金-込み)
:以降は3センティモ/1分~/電話接続料20センティモ)
インターネット    :2GB
利用有効期間     :28日間

 

YOIGO社 - 「SIM 2GB Y 50MIN」

料金         :10€(税込み)~
スペイン国内電話通話料:50分間まで無料(電話接続料金-込み)
;50分以降は3センティモ/1分~/電話接続料20センティモ)
インターネット    :2GB
利用有効期間     :1ヶ月

 

スペインでルーターをレンタルする方法-おまけ

 

最近では、欧州周遊旅行をする欧州圏外からの旅行者用のルーターレンタルサービスも充実してきました。ですが、スペインの料金は一日8ユーロ弱掛かるため、日本のレンタルルーターの価格と比較すると、日本で手続きを完了し持ってきたほうがお得です。ですので、この項目については詳細の案内をする代わりに、「日本で手続きをしてきたほうがいいですよ。」という事実をお知らせするだけといたします。どうしてもスペイン滞在中にルーターレンタルが必要となった、という場合は弊社までご相談ください。手続きのご案内とレンタル代行手続きをいたしております。

 

 

Pin It on Pinterest

Shares
Share This